顔の手入れ

ニキビケアは美容整形クリニックでOK【肌美人になろう】

赤みなども治療で解消可能

セルフケアには注意する

女性

誰もが抱える肌の悩みとして、ニキビは特によくある症状です。それだけに多くの人が日々ニキビケアに取り組んでいますが、肌トラブルを避けるためにも注意をしたい点も複数あります。ニキビケアにおける注意点の1つが、自己流のケアには特に気をつけることです。あるアンケート結果でも、20代女性で一番多いニキビケアの失敗例は、自己流のケアをしてかえって症状が悪化した例です。理想のニキビケアは、皮膚科や整形外科などに相談をして、適切なケアを専門家によって受けることになります。また最近は美容整形でのクレーターや赤みなどのニキビ跡の治療も人気となっていますが、その際にも注意点として症状が悪化しないように、施術の前後を含めて紫外線などのケアも怠らないようにすることです。肌にとって大敵である紫外線は、当然ニキビケアにも悪影響を与えます。できる限り紫外線はケアや治療の状況に関わらず避けることです。ニキビは生活習慣なども原因で出来やすいので、ニキビが出来にくいような暮らしを送り、万が一ニキビの跡などが出来てしまった場合は早めに皮膚科や美容整形に相談することです。

大人ニキビのケアも出来る

二次性徴前後を境としてほとんどの人がニキビが発現しやすくなり、成人後のニキビである、大人ニキビにも悩まされる人が多数います。ニキビのケアに失敗して跡を残したり、赤み、色素沈着を作ってしまう人も少なくありません。こういった各種ニキビの跡をケアできるのも、美容整形の特徴です。美容整形では様々なニキビケア治療を提供しています。施術内容や対応できる症状も幅広く、ニキビに関するあらゆる悩みに対応可能です。例えば赤みを帯びて炎症を起こしてしまったニキビ跡に関しては、イオン導入やケミカルピーリングといった治療が採られます。イオン導入は、正式にはビタミンイオン導入と言い、ニキビ跡の改善効果の望める水溶性ビタミンを微弱な電流を流して、肌に直接浸透させる治療法です。ケミカルピーリングは、薬剤を塗って肌の角質を剥がしてターンオーバーを促すことで、新しい肌を再生させる治療となります。他にも色素沈着したニキビの跡には、内服薬によるニキビケアや、クレーターニキビ跡には、レーザー治療を用いるなどの手法も採られます。